4.03.2007

Google makes anything possible?

Google TiSP(BETA)

"Google announces free in-home wireless broadband service"だそうだ。
freeですよ、free。ブロードバンドが。無線LANが。

"Users who sign up online for the TiSP system will receive a full home self-installation kit, which includes a spindle of fiber-optic cable, a TiSP wireless router, installation CD and setup guide. Home installation is a simple matter of GFlushing™ the fiber-optic cable down to the nearest TiSP Access Node, then plugging the other end into the network port of your Google-provided TiSP wireless router. Within sixty minutes, the Access Node's crack team of Plumbing Hardware Dispatchers (PHDs) should have your internet connection up and running."


サービスに登録すると、Googleからワイヤレスルーターなどを含むインストールキットが届く。で、ルーターに光ケーブルを繋いで、もう一方をTiSPのアクセスノードに差し込めば60分以内に家庭内ブロードバンド無線LAN環境が整う、と。そして無料、と。

スゲェ。

まぁTiSPポイントってのが最大のミソなんだけど(何の略かはリリース参照あれ)。

で、Google、嫌い/恐いところはたくさんあるけど、こういうココロミはいいと思った。テクノロジーの遊びとでも言うんだろうか、行き過ぎてない感覚。
こういうの、現在自分が関わっているサービス/組織には足りない発想だ。もちろん本業がちゃんとしていてこそなんだろうけど、こうした遊びが生まれる土壌かどうか、ってのは社外から見たときの企業の魅力度に大きく関わると思う。特にコンシューマ向けの商品/サービスを取り扱う企業には求められる性質ではないだろうかと思う。

ちなみにこんなものも。

Google Romance(BETA)

"uploads several different wildely divergent profiles"ってのが笑える。