3.27.2007

Joi of life

昨年来、仕事を通じて間接的に関わったり、あるいは"CreativeCommons"のカンファレンスに出たりということを通じて、遅ればせながらDigitalGarageのファウンダーでもある、伊藤穣一(Joi)氏に対する興味が強まった。それで彼の発言や著書なんかを読んでいるわけだが、中でも彼のWeblog「JOI ITO's WEB」は面白くて刺激を受ける。

何より語り口にライブ感があってボクは好きだ。大きな問題もパーソナルな言葉で語ることで彼の問題意識がどこにあるのかがわかりやすいし、だから自分もまたパーソナルな視点で考えることができる。

難しいことを難しく、簡単なことを難しく言うヒトは多いが、難しいことを簡単に表現して(デフォルメとは違う)、相手に評価をさせることのできるスピーカーはそれほど多くない。梵天丸もかくありたい。

菜食まで真似たいとは思わないけどね。