4.30.2007

日本人で良かった・・・な朝食。

連休前半の28日夕方、友人夫妻と北千住の永見で飲む。かなり飲んで22時には解散。飲み会に間に合わなかった仕事帰りのMにクルマで拾ってもらい、引っ越したばかりのM宅@浅草で一休みしてから、彼のクルマで山梨の温泉に向かうことに。そう、GW恒例「ほったらかしの湯」で日の出を見るのだ(過去記事)。Mは少ししんどそうだったが「絶対リラックスできるから」と口説き落として出発。

神田から首都高4号線を経て中央高速へ。一休みしたとはいえまだ運転してはダメなボクは、BMW750iの助手席の革シートに身体をあずけて150kmで後ろに流れ去る夜の景色をぼんやりと眺める。

ふいに夜中にMの借りたレンタカーで皆で行く当てもなくドライブした学生時代を思い出す。あれから15年経ってお互い結婚し(Mは離婚もした)仕事もそれなりに忙しいが(Mは代表取締役になったそうだ)高速で移動するクルマの中で話すことはそんなに変わっていないような気もする。

そうこうしているうちに現地へ到着したが、入浴可能時間(日の出の90分前から)まで2時間弱あるのでクルマを停めて仮眠(でかいクルマは寝やすいことを 実感)。気がついたら5時。山頂にある温泉の駐車場に向かうと既にクルマが数十台!他府県ナンバーも多い。この温泉も有名になってきたみたいだ。

で、入浴料600円を支払ってMと二人で露天に浸かる。厳密な日の出時間は既に過ぎていて周りは明るいのだが、山の向こうから上る太陽の光を拝もうという ことで日の出までの小一時間、睡魔と戦うMとお互いの今後の話などしながら時間をつぶす。露天の温度がちょっとぬるめでちょうどよかった。6時頃、無事、 日光を体に浴びて入浴終了。

温泉からあがって、小腹がすいたなぁ(帰りにSAでなんか食べるかな)と思っていると・・・以前訪れたときにはなかった素晴らしいものを発見!

それがこれ。

カメラをクルマの中に置いてきてしまったので、あまり性能のよくない携帯でしか撮れなかったが、わかりますか?

炊きたてごはんとお味噌汁、そして納豆&生卵&お新香の黄金の朝ご飯だ!!なんて素敵な朝食ぅ!屋外で!風呂上がりにッ!そして富士山を観ながらッ!!(遠くにかすかに写っている)

しかもこれが500円。思わずホットコーヒーも追加してしまったよ。

ああ、日本人で良かった・・・素晴らしい、素晴らしい顧客サービスです、「ほったらかしの湯」。また来るよ。約束だ。

そんなこんなで二人してオカワリしかねない勢いで朝食を楽しんだ後、一路東京へ。帰り道はボクが全部運転させていただき、渋滞し始めた下り斜線を横目に12気筒を快調に飛ばして9時には帰宅!

元々一人でも行こうとは思っていたが、気の置けない友人と行くのはやはり楽しい。近々決断しなくてはならないことについても時間をかけて忌憚のない意見を聞けたし、個人的にはとてもとても有意義な小旅行だった。Mくんも満足そうで何より。お疲れさまでした。


今回の朝食セットのことを知ったら、海外出張中のヨメは羨ましがるだろう。で「あたしも行く」と。それもいい。