7.13.2007

旧友上京、移籍交渉。

旧友というか腐れ縁というか、小学校時代から一緒にサッカーをやってきたO原くんが上京。出会いは幼稚園なので25年以上のお付き合いになりますな。

彼は現在、郷里岡山県で人材関連の仕事に就いているが、諸般の事情があり東京での転職を決意、その最終面談だったようだ。聞くと、新しい会社からは採用の内定をもらったとのこと。めでたいしので一杯飲むことに。

前日、深酒&不眠で体力的にしんどかったので町屋での飲みを希望したところ、茗荷谷の宿泊先から快く来てくれたので、「海丸」で四方山話をしながら程々に焼酎を楽しんだ。
年末には結婚をするという彼は、まだ奥さんと住む場所を確定していないとのこと。昼間の空いた時間に「聞いたことある名前の街だから」という理由(ボクら田舎者の場合、結構簡単な理由で最初に住む街が決まることが多い)で自由が丘の不動産を見てきた彼だが「なんか違うと思った」と言うので、下町を激しく推薦。彼自身も気に入ったようで、転職前の8月中に再度上京して家探しをすることに。

もし彼が下町に越してくれば、フットサルをするメンバーがひとり増えるなあ。最近では唯我独尊的センターフォワードの面影もなくすっかり丸くなったO原くんではあるが、ストライカー不足のチームで活躍してほしいものだ。

待ってるよ〜